初めての海外!安全な外国旅行のために知っておきたい対策をまとめたよ。(一人旅、観光、駐在、留学、ハネムーン・・)

Snufkin

 さて、初めてはもちろん、海外に出発する時は、いつでも緊張するものですよね。

(旅慣れた人はそうでもないのかな汗)

何しろ、世界中探しても、日本ほど治安がいいところっていうのは、なかなか見つからないくらいなんです。

 日本にいる時の感覚で過ごしていたら危ないですよね。

 電車の中で居眠りできるのも、盗難が発生しにくい日本だからこそ出来ること。

 気を引き締めねば・・・。

 

 そこで、、今回は私が留学前に大学で受けた、セキュリティ対策ガイドラインの講習から、大切なところをピックアップしてみました。

 海外で気をつけておきたいところやお役立ち情報をまとめます!

  万が一の可能性を低くして、安全で楽しい旅をどうぞ!

 

海外に行く前にチェックしたいウェブサイト

 まずは、渡航する前に現地の治安状況などはチェックしておきたいですね。

それには、

 外務省のページは基本ですね。ただ、この地図で色が付いているからといって極端に危険なわけではないのですが(黄色レベルの場合)。

 けれど、充分に現地の人のブログなどをチェックしてから行った方が良いです。

 

 上記のサイトは、国際協力機構の国別生活情報。

JICAが派遣する国なので、主に発展途上国が多いです。車の運転の仕方、買い物の仕方から、現地でのタブーなど、現地で生活する前に見ておきたい情報が、けっこう充実しています。

 旅行ガイドに載っているよりも、一段詳しい基本情報が知りたい時におすすめ。

 

海外に行く前にチェックしておきたいこと

Checks Key

 

  • VISAは取得が必要かどうか確認しよう。

 ビザが取れなくて空港で追い返されたら洒落になりません・・(-_-;)

 

  • 歯医者さんに行っておこう。

 歯医者代は高い国もありますし、歯医者代はカバーしていない保険もあります。

 

  • パスポートのコピーを何枚か取っておこう。

 紛失しても、コピーがあれば何かの手続きの時に便利です。パスポートの残存期間もチェックです。有効期限が短いと、ビザが取得できない場合もありますよ。

 

  • 海外旅行保険に入ろう。

 自分に必要な内容も確認しましょう。最近は、クレジットカードで海外旅行保険が自動で付いてくるのもありますね。(エポスカードなど。)

 

  • トラベルプリペイドカードやクレジットカードを準備しよう。

 現金だけ持ち歩いているのは危険です。プリペイドカードや、クレジットカードを数枚持っておくといいです。

 

  • 現地での連絡先や連絡手段を確認しておこう。

 

 現地の滞在先学校や、知り合いなど、窓口となってくれる人の連絡先をちゃんとメモしてありますか?紛失した時のため、コピーを数枚用意して、分散してしまっておくとよいです。

 

  • クレジットカードなどの番号や、緊急停止先番号をメモしておこう。

 カードが盗難されたり紛失した時、まずにしなくてはいけないのが、緊急停止です。その時、カード番号が分かっていればスムーズ。緊急窓口の番号も、ネットが見れない環境でも分かるようになっていると安心です。

 

海外で身を守るための注意点

Sunset in Höga Kusten

  • 貴重品は分散して持っておこう。

 お金やパスポート、クレジットカードなどの貴重品は必ず分散して身に付けておきましょう。普段のお買い物には、お財布に見えないポーチなど、見るからに大した額が入っていなそうな小銭入れを使っておくのも手です。

 小銭入れはアウター、財布はジャケットの内ポケット、時にはズボンの下に巻けるセキュリティポーチを活用、なんていうのもありです。

 

  • スマートフォンを使う時も注意

 治安状況にもよりますが、スマホは海外では高額なことも多く、街中で出していると、ひったくられることもあります。写真を撮るときやGoogle先生に道を聞いている時など、周囲の不審者には注意しておきましょう。

 

  • 通学路は、幾通りか用意するのも手

 これも治安にもよりますが、毎日同じ時刻を、同じルートで帰ると、目を付けられる可能性もあります。特に人通りの少ない道では用心しましょう。いくつか違うルートを用意しておくと無難です。

 

  • 犯人を追いかけてはいけない!

 ひったくられたりして、思わず犯人を追いかけてしまう気持ちは分かりますが、相手は武器を持っているかもしれませんし、角を曲がったところでは仲間が何人も待ち構えている可能性があります。こういう時は絶対に追いかけず、早くに警察に届けましょう。

 

  • 親しげに話しかけてくる人にも用心

 親切をよそおって話しかけてくる人の中には、隙を見て金品を奪ったり、睡眠薬を飲ませる犯罪者もいます。

 もちろん現地の人との交流は楽しいものですが、不用意に知らない場所について行ったり、身元不明な人から出された飲食物を口にしない方がいいです。

Moomin Cupcakes

  • ぼったくりタクシーには注意!

 タクシーは、ぼったくられたり、また密室になるので犯罪に繋がることもあります。現地のタクシーを利用する時には、事情を知っているホテルの人、学校の人、現地の友人などに、信頼できる会社を教えてもらって、事前に予約しておくようにするのが無難です。

 

  • 助けを呼ぶ時は「火事だ~!」と叫ぼう。

 これはなんというか、身も蓋もありませんが、「ヘルプ―!」と叫ぶよりも、「ファイアーー!(火事だ~~!)と叫ぶ方が人々の注意を引くといいます・・・。うーん。

 

  • 夜間に外出する時は、周囲に伝えておこう。

 夜に外出する時には、行先や、同行する人の名前と連絡先などを、周囲に残しておくとようにするといいです。

 

テロについてはどう対策するか。

 昨今の世界情勢では、予測不可能なのがテロです。巻き込まれないようにするためには

  • 人混みを避ける。

 多くの人が集まる場所に、とどまっているのは避けましょう。

そういった場所の例としては

  • 空港
  • デモ
  • スタジアム
  • コンサート・ライブ会場
  • クラブ
  • 観光名所や広場
  • 観光客の多いレストランやカフェ
  • マーケット

があります。何かイベントがある時にも注意しましょう。

人が集まりやすい時間帯に、人が多い場所に行くのを避ける手もあります。

 

  • 行動予定を他人に知られないようにする。

 旅の予定などをあまり知らない人に話すと、そこから付けられて狙われる可能性も出てきます。また、いつも同じ時間に同じルートを通っていると、狙われることがあります。

 

  • 不穏な雰囲気を察知したら、すぐにその場を離れる。

 治安の良くない場所というのは、独特の雰囲気があります。落書きが多かったり路上にたむろする人が多かったり・・。そういった場所からはすぐに立ち去るようにしましょう。

 

万が一、盗難や紛失にあってしまったら。

Moomin Cupcakes

警察に届ける。 

 現地警察に、被害届を出しましょう。面倒くさくてやらないと、後から大変なことがあります。というのは、保険を請求したり、パスポートを再発行してもらうさいに、この時警察で書いてもらうリポートがいることがあるからです、

 クレジットカードの盗難補償の場合も同様。

 各種カードの場合は、すぐに緊急連絡してカードの利用を出来なくしてもらいましょう。

 

各種窓口に届ける。

  • パスポート紛失については、日本大使館か領事館
  • 航空券については、購入先の旅行会社や航空会社
  • カードについては、カード発行会社

 

万一のため病院を受診する。

 軽くみえる打撲でも打ちどころによっては、危険です。また睡眠薬強盗の場合も、後遺症が残ることがあるといいますので、念のため病院は受診しておきましょう。

 

お金の管理には、海外用プリペイドカードが便利。

My birthday gift ^_^ #nikon #nikondf...

 トラベルプリペイドカード(キャッシュパスポート)を使うと、

  • 海外のATMから、現金を引き出し
  • カードショッピング
  • 日本にいる家族からの送金受け取り
  • 日本語対応の24時間電話サポート
  • 18歳以下でも作れる

 など、様々な利点があるので、滞在の時には一枚持っていくと便利です。

特に、銀行口座と紐づいていないので、万が一盗難や不正使用にあっても、あらかじめカードにチャージしておいた額までしか、使いこまれる心配がありません。

 これは、そうとう安心なことです!

 

トラベルプリペイドカードの中でも、当サイトのおすすめはキャッシュパスポートです。

 というのは、

  •  9種類の通貨(日本円、米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、カナダドル、シンガポールドル、ニュージーランドドル、英国ポンド、香港ドル)でチャージ出来て、このチャージした通貨で買い物をする分には、為替手数料が0円になっちゃうのでお得!
  • Tポイントが貯められる。
  • スペアカードが最初から付いてくるので紛失時も安心。

 

 などなど、色々使いやすくてお得な点が揃っているからです。

 

 

その他、海外で安全を確保するために気を付けたいこと

 

  • 手洗いやうがいはしっかり。
  • 生の飲食物(水、魚、野菜、フルーツ)を口にするのは避ける
  • よく眠ったり、たっぷり休養したりと、体を十分に休めましょう
  • 動物は狂犬病などを持っていることもあるので不用意に触らないようにしましょう
  • 裸足で歩かないようにしましょう(室内も)
  • 虫刺されに注意しましょう
  • 虫歯は日本で治療しておきましょう。
  • 派手な服装をしないようにしましょう
  • 軍事施設や、王宮などは写真撮影が禁止されていることもありますので注意。
  • 宗教へは、敬意をもって接しましょう。

Snufkin with a harmonica

航空券を手配する時には

 深夜や夜到着の便は避けて、朝や昼に現地到着する便にしましょう。

また乗り継ぐ場合は、乗り継ぎ時間が短いと、焦ってアタフタしたり、預け荷物がちゃんと次の飛行機に届かなくなる可能性もありますので、時間には余裕を持たせましょう。

 

 格安航空券は、搭乗日や便の変更ができないものもありますので要確認。

 

クレジットカードなど

 トラベルプリペイドカードなどと合わせて持っていき、普段使うカードは、使用限度額を一番低く設定しておきましょう。

 紛失する可能性に備えて、数枚携行しましょう。

 一枚がマスターカードだったら、もう一枚はビザカードなど、ブランドを変えておくとどちらかが使えない場合に便利です。

 また、スキミングには注意。

 

 カード差し入れ口に、不正読み取り機械が付けられていないか確認、また暗証番号を打ち込む時には、まわりに不審者がいないか確認しましょう。

 また、遠隔スキミング防止のためには、スキミング防止ストリップの中に、カードを入れておくと良いです。

 例えば、こういうもの。

 

Wi-Fiなどから、カードショッピングの情報が盗まれることもありますので、なるべくカードショッピングは避けたり、フィッシングサイトには注意しましょう。

 パソコンには、ウイルスセキュリティソフトのインストールは必須です。

 

では、安全を確保しつつ、どうぞよい旅を!

スポンサードリンク