キャッシュパスポートとデビットカードの違いって何?海外旅行はクレジットカードだけでもOK?

girl-child-blonde-suitcase-mood-wallpaper-2560x1600


キャッシュパスポートとデビットカード、どちらが海外で役立つでしょうか?解説します。


海外に行くとき、便利そうなのが、海外用のプリペイドカードである、キャッシュパスポート。

クレジットカードやデビットカードみたいにして、マスターカード加盟店でカード決済もできる。

そして、お金はその場でチャージ金額が落とされる・・・。あれ、そしたらデビットカードとは、どう違うんだろう?

 そんなわけで、違いを調べました。

 

また、そもそも海外プリペイドカードよりも手数料が安くて、日本でも使えるクレジットカードだけでも、海外旅行は不便しない?

 

この点についても考察してみました。

 

【目次】

 

 

デビットカードとは何か?

 デビットカードは、銀行の預金口座と紐付けられていて、お店でカードを使って買い物をすると、すぐさま、その口座から商品代金が引き落とされる仕組みのカードです。

 基本的に、預金してある金額以上には使えないカードが大半です。

 そんなわけで、信用貸しではないために、加入する時には審査がない場合も多いです。

 

キャッシュパスポートは、特殊なデビットカードのようなもの

共通点は?

無審査、子供でも作れる

 キャッシュパスポートも、店舗でのカード決済時に、即座に代金が引き落とされる仕組みです。

信用貸しではありません。なので、審査も無く、年齢制限もいっさいありません。

 学生でも、極端な話、赤ちゃんでも作れてしまうカードです。

 

 デビットカードも審査のない場合が多く、年齢は一番低くて15歳前後から作れます。

 

家計簿代わりになる

 お買い物をした当日に、代金が引き落とされ、それが記録されますので、使用明細をプリントアウトすれば、家計簿がわりにもなります。

相違点は?

キャッシュパスポートの口座は銀行口座ではない

 キャッシュパスポートも、一般的なデビットカードと同じように、口座と紐付けられています。ただ、この口座というのは一般的な銀行口座と違って、キャッシュパスポートを使うのに特化した、専用の口座になります。どこかの銀行に口座を開設するわけではありません。

 なので、他の用途・・・たとえば、お給料を受け取ったり、口座から違う人の口座へ送金したりといったことはできません。

 またキャッシュパスポート口座への入金(チャージ)も、本人か、委任状を貰った家族からしか出来ない仕組みです。

  楽天などネット銀行の口座があれば、海外滞在中にも、自分でオンラインバンキングを使ってチャージできるので便利です。

 

キャッシュパスポートは海外専用

 キャッシュパスポートは、海外専用なので、海外でのお買い物しかできません。(日本から、海外のサイトにアクセスして、オンラインショッピングする場合は使えます)

 

手数料が違う

 キャッシュパスポートは、マスターカードに連携した海外のATMから現金を引き出すことができます。

 普通のデビットカードでも、VISA、JCBブランドは、海外のATMから現金を引き出せるものもありますが、一般的には、3%前後の海外取引手数料が取られてしまいます。

 キャッシュパスポートの場合は、カードにチャージする時に1%の手数料がかかりますが、チャージした通貨と同じ通貨を支払うのであれば、為替手数料はかかってきません。

 (例:USドルでチャージ→USドルで買い物・・・無料

    USドルでチャージ→香港ドルで買い物・・・4%の為替手数料発生)

 

Tポイントが貯まる

 キャッシュパスポートは、Tポイント付きのカードも選ぶことが出来て、その場合は海外でATMからの引き出しや、キャッシュパスポートでの買い物のたびに、200円につき1ポイントが貰えます。長く滞在する場合は、旅行代金や飛行機代、それに外食代などをこれで払えば、結構Tポイントは貯まってくるかと思います。

 Tポイントは、TSUTAYAやエネオス、コンビニなどで使えますので、帰国してからちょっとお金が浮くのは嬉しいですね。実質的なキャッシュバックになります。

 

現金引き出しの為替手数料が無料になる場合が多い。

 また、キャッシュパスポートなら、海外現地のATMから、気軽に現地の通貨を引き出すことができます。

 この時も、チャージしてある通貨を引き出す分には、為替手数料がかかりません。

 両替所や銀行を探して、カウンターに並ぶなどの手間が省けますので便利です。

 

 VISAデビットカードなどでは、現金引き出しも可能なのですが、あくまで日本円の口座からその都度両替して引き落とすことになるため、3パーセント前後の両替手数料がかかってくることになります。

 当座持ち歩く3万円を下ろすとしたら、900円以上取られます。結構高いですね(汗)

この点キャッシュパスポートであれば、ATM引き出し手数料は一回日本円で200円前後なので、お得です。

(チャージしてある口座から引き落とせば、キャッシュパスポートでは両替(為替)手数料が無料になりますので・・・。

 ただし、米ドル口座からユーロの現金を引き出す、などの場合は為替手数料がかかります)

 

 また、クレジットカードでもキャッシング枠を使えば現金は引き出せるのですが、クレジットだと返済を忘れていると利息がかかってくる上に、万が一不正使用された場合も、キャッシング枠だと本人責任となってしまい、返金されない事例が多いです。

 なので、キャッシュパスポートの方が安全です。

 24時間電話サポートがあったり、スマホアプリでいつでも取引履歴が確認できたり、最初からスペアカードが付いているので、一枚無くしてしまっても安心、など大手なだけに色々とサービス体制がしっかりしています。

 海外に持っていくのなら、一枚あると便利でお得なカードです。 

 

 

クレジットカードだけでも海外旅行は大丈夫?

 

 クレジットカード では現金を引き出そうと思ったらキャッシング枠を使わないといけないので、抵抗がありますよね。

 ただ、財布などに入れておく手持ち現金と、クレジットカード・ショッピングで間に合いそうな旅行であれば、クレジットカードだけでもいいでしょう

 

 私は、日本でメインで使っているものと、海外旅行の時に主に使うサブのクレジットカードを持っています。

 

普段メインで使っているカードを、旅行中に紛失してしまったり、不正使用されてしまったら悲しいので・・・。

 

 では、海外に持っていくクレジットカードはどれがおすすめかと言いますと・・・ 

 

海外旅行ならエポスカードがおすすめの理由

 海外に持って行く用のクレジットカードを作るなら、エポスカードは相当おススメです!

 旅人に利便性の高いカードとして有名ですね。

 

VISAブランドなので、世界各国で広く使えます。

 

嬉しいポイントとしては

  1. 年会費永年無料!
  2. 海外旅行保険が自動で付いてくる!
  3. 入会特典でポイントが貰える!

 というのが、大きいです。

 

まず、年会費永年無料なので、サブカードとして持っていても無料です。

 

さらに、旅人にとって素晴らしいことに、海外旅行保険が大変手厚いです。

2018年現在の、概要はこちら。

※ 最新の額はエポスNetでご確認くださいませ。

 

  • 傷害死亡・後遺障害      最高500万円
  • 傷害治療費用                 200万円(1事故の限度額
  • 疾病治療費用                 270万円(1疾病の限度額
  • 賠償責任(免責なし)   2000万円(1事故の限度額
  • 救援者費用                     100万円(1旅行・保険期間中の限度額
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。

※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

出典:エポスカードホームページ

 

 

 ゴールドカードでもないのに、ここまで高額の旅行保険が無料で付いてくるカードというのは少ないです。

 

 それから入会特典のポイントが貰えるのも嬉しい。

2018年秋現在だと、2000円分の入会ポイントが必ず貰えてしまいます!(*^▽^*)

これは凄い・・・。

現在のキャンペーン詳細は公式サイトからご確認ください。

 

 そして、エポスカードって、何気に、お友達紹介ポイントという制度もあったりします。

 自分がエポスカードに入会してから、友達を紹介すると、紹介者に1500ポイント、紹介され側に3000ポイント(入会ポイント含む)が付与されます!!

・・・そんなわけで、一緒に旅行に行く友達がいたら、ぜひ紹介してあげてくださーい。どっちにもお得になります。

(※ 2018年秋現在のキャンペーン)

 

 このエポスポイントは、クオカードなどの商品券と交換することもできます。

私もさっそく2000円分をクオカードに換えて、日々のコンビニやファミレスでの買い物・食事の足しにしています・・・(^^♪

 

 

スポンサードリンク