読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャッシュパスポートとデビットカードの違いって何?

girl-child-blonde-suitcase-mood-wallpaper-2560x1600



海外に行くとき、便利そうなのが、海外用のプリペイドカードである、キャッシュパスポート。

クレジットカードやデビットカードみたいにして、マスターカード加盟店でカード決済もできる。

そして、お金はその場でチャージ金額が落とされる・・・。あれ、そしたらデビットカードとは、どう違うんだろう?

 そんなわけで、違いを調べました。

 

【目次】

 

 

デビットカードとは何か?

 デビットカードは、銀行の預金口座と紐付けられていて、お店でカードを使って買い物をすると、すぐさま、その口座から商品代金が引き落とされる仕組みのカードです。

 基本的に、預金してある金額以上には使えないカードが大半です。

 そんなわけで、信用貸しではないために、加入する時には審査がない場合も多いです。

 

キャッシュパスポートは、特殊なデビットカードのようなもの

共通点は?

無審査、子供でも作れる

 キャッシュパスポートも、店舗でのカード決済時に、即座に代金が引き落とされる仕組みです。

信用貸しではありません。なので、審査も無く、年齢制限もいっさいありません。

 学生でも、極端な話、赤ちゃんでも作れてしまうカードです。

 

 デビットカードも審査のない場合が多く、年齢は一番低くて15歳前後から作れます。

 

家計簿代わりになる

 お買い物をした当日に、代金が引き落とされ、それが記録されますので、使用明細をプリントアウトすれば、家計簿がわりにもなります。

相違点は?

キャッシュパスポートの口座は銀行口座ではない

 キャッシュパスポートも、一般的なデビットカードと同じように、口座と紐付けられています。ただ、この口座というのは一般的な銀行口座と違って、キャッシュパスポートを使うのに特化した、専用の口座になります。どこかの銀行に口座を開設するわけではありません。

 なので、他の用途・・・たとえば、お給料を受け取ったり、口座から違う人の口座へ送金したりといったことはできません。

 またキャッシュパスポート口座への入金(チャージ)も、本人か、委任状を貰った家族からしか出来ない仕組みです。

 

キャッシュパスポートは海外専用

 キャッシュパスポートは、海外専用なので、海外でのお買い物しかできません。(日本から、海外のサイトにアクセスして、オンラインショッピングする場合は使えます)

 

手数料が違う

 キャッシュパスポートは、マスターカードに連携した海外のATMから現金を引き出すことができます。

 普通のデビットカードでも、VISA、JCBブランドは、海外のATMから現金を引き出せるものもありますが、一般的には、3%前後の海外取引手数料が取られてしまいます。

 キャッシュパスポートの場合は、カードにチャージする時に1%の手数料がかかりますが、チャージした通貨と同じ通貨を支払うのであれば、為替手数料はかかってきません。

 (例:USドルでチャージ→USドルで買い物・・・無料

    USドルでチャージ→香港ドルで買い物・・・4%の為替手数料発生)

 

Tポイントが貯まる

 キャッシュパスポートは、Tポイント付きのカードも選ぶことが出来て、その場合は海外でATMからの引き出しや、キャッシュパスポートでの買い物のたびに、200円につき1ポイントが貰えます。長く滞在する場合は、旅行代金や飛行機代、それに外食代などをこれで払えば、結構Tポイントは貯まってくるかと思います。

 大学によっては学費を払えるところもありますよ。キャッシュパスポートは、マスターカードの傘下にありますので、要は、マスターカードで決済できれば、学費も家賃も払えてしまうんです♪

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<