キャッシュパスポートの上限額は?入金、出金、お買い物限度額・・・色々調べたよ。

f:id:honeybushtea:20160531142822j:plain

 外国出張や留学、旅行などで便利に使えるキャッシュパスポート。

長期滞在だと、たくさんチャージして持っていきたい人もいるかと思います。

上限額はどのように設定されているのでしょうか?

調べてみました。

(2017年7月現在)

 

 

キャッシュパスポートの上限額一覧!

最小入金額

 まず、カードに最低入金しておかないといけない額は、1万円です。

まあ、海外に行くのですし、これくらいは最低チャージするかと思いますッ。

 

1回あたりの入金限度額

 一回あたりの入金限度額は、100万円になっています。

ここまで高額をチャージすることは、あまりないかもしれませんね。

 

残高限度額

 2百万円または、外貨相当額

 

 カードにチャージして置いておける最高金額です。

なお、これはチャージできる9種類の通貨の残高ぜんぶ合わせての額なんです。

日本円100万、米ドル100万円とかに分散してても、合計で200万円あれば、それ以上はチャージできないことになります。

 

一年間の入金限度額

 500万円

 

 残高限度が200万円といっても、200万円入れて生活費に充て、それがなくなったらまたチャージし・・・などど豪勢に使った場合、結局一年で1,000万円使ってた・・・(´・ω・`)なんて、そんなケースは、すごく稀だとは思いますが、一応、入金限度額は年間通して、500万円まで、にリミットがかけられています。

 ま、なかなか、ここまで使うケースは特殊だと思いますが・・・。

 

ATM引き出し上限額(24時間)

 一日あたり、ATM🏧で現金を引き出せる上限額は、15万円または外貨相当額に設定されています。

 また、ATMを運営している金融会社の規則によっては、これより限度額が低く設定されているATMもあるとのことです。そういう場合は、キャッシュパスポートを使った時だけでなく、クレジットカードのキャッシング枠や、普通に地元の人が銀行のキャッシュカードで引き出す時も、その額までしか引き出せないということかと思われます。

 

お買い物(デビットカード)利用上限額(24時間)

 一日あたり、85万円まで、または外貨相当額に設定されています。

自分で、もっと低い上限額への設定は出来ないようなので・・・、流石に1日で85万円も使う猛者は少ないかと思いますが、買い物し過ぎが心配な方は、口座へチャージしておく額を少なくしましょう。

 

キャッシュパスポートの上限額一覧表

 まとめますと、以下の表のようなことになります♪

(キャッシュパスポートのホームページより抜粋)

 

最小入金額 10,000円
1回あたりの入金限度額 1,(000,000円
残高限度額 ※5 2,000,000円または外貨相当額
12ケ月の入金限度額 ※6 5,000,000円
ATM引出し限度額(24時間) ※7 150,000円または外貨相当額
ショッピング利用限度額(24時間) 850,000円または外貨相当額

※5 全通貨の合計。
※6 12ケ月間に入金可能な金額。全通貨の合計。
※7 ATM運営者によってはこれより低い限度額を設定している場合があります。

 

キャッシュパスポートの賢い使い方

 以下のような使い方をすると、よりお得に使えます。

 

  • 滞在する国の通貨を選んでチャージしておく。

 → 為替手数料4%が無料になります!

   例えば、米ドルでチャージして、米ドルを引き出すor買い物すれば、かかってきません。米ドル口座からユーロで払うとかだと、かかってきます。

  逆にいうと、ユーロ圏なんかは、どこの国でも為替手数料がかからずに便利にお買い物できちゃいます。

 

  • Tポイントを貯める!

→ Tポイントが付いてくるカードと、普通のカード、どちらかを選んで作れます。

 入会金や手数料もろもろ、まったく同じ。

 なので、Tポイントが付く方を選びましょうー。200円ごとに1ポイント、TSUTAYAやエネオス、ガスト、クリエイトSDなど、身近な色んなサービスで使えちゃいます。

 宿の予約や航空券の手配などに使ったり、長く滞在して毎日の生活費で少しずつ使っていると、帰国するときには気付けば、かなりの額がたまっていることになると思います。

 

>>1分でサクッとわかるキャッシュパスポート<<