キャッシュパスポートの上限額は?入金、出金、お買い物限度額・・・色々調べたよ。クレジットカードだけで海外旅行もあり?

f:id:honeybushtea:20160531142822j:plain

 外国出張や留学、旅行などで便利に使えるキャッシュパスポート。

長期滞在だと、たくさんチャージして持っていきたい人もいるかと思います。

上限額はどのように設定されているのでしょうか?

調べてみました。

(2017年7月現在の情報です)

 

また、海外プリペイドカードは持たずに、クレジットカードと現金だけで旅行に行くという選択肢もあります。

その場合、おすすめなのが旅人のカードとして有名なエポスカード。

無料で、高額の旅行保険が付いてきます!

 

このことについても調べました。

 

 

キャッシュパスポートの上限額一覧!

最小入金額

 まず、カードに最低入金しておかないといけない額は、1万円です。

まあ、海外に行くのですし、これくらいは最低チャージするかと思いますッ。

 

1回あたりの入金限度額

 一回あたりの入金限度額は、100万円になっています。

ここまで高額をチャージすることは、あまりないかもしれませんね。

 

残高限度額

 2百万円または、外貨相当額

 

 カードにチャージして置いておける最高金額です。

なお、これはチャージできる9種類の通貨の残高ぜんぶ合わせての額なんです。

日本円100万、米ドル100万円とかに分散してても、合計で200万円あれば、それ以上はチャージできないことになります。

 

一年間の入金限度額

 500万円

 

 残高限度が200万円といっても、200万円入れて生活費に充て、それがなくなったらまたチャージし・・・などど豪勢に使った場合、結局一年で1,000万円使ってた・・・(´・ω・`)なんて、そんなケースは、すごく稀だとは思いますが、一応、入金限度額は年間通して、500万円まで、にリミットがかけられています。

 ま、なかなか、ここまで使うケースは特殊だと思いますが・・・。

 

ATM引き出し上限額(24時間)

 一日あたり、ATM🏧で現金を引き出せる上限額は、15万円または外貨相当額に設定されています。

 また、ATMを運営している金融会社の規則によっては、これより限度額が低く設定されているATMもあるとのことです。そういう場合は、キャッシュパスポートを使った時だけでなく、クレジットカードのキャッシング枠や、普通に地元の人が銀行のキャッシュカードで引き出す時も、その額までしか引き出せないということかと思われます。

 

お買い物(デビットカード)利用上限額(24時間)

 一日あたり、85万円まで、または外貨相当額に設定されています。

自分で、もっと低い上限額への設定は出来ないようなので・・・、流石に1日で85万円も使う猛者は少ないかと思いますが、買い物し過ぎが心配な方は、口座へチャージしておく額を少なくしましょう。

 

キャッシュパスポートの上限額一覧表

 まとめますと、以下の表のようなことになります♪

(キャッシュパスポートのホームページより抜粋)

 

最小入金額 10,000円
1回あたりの入金限度額 1,(000,000円
残高限度額 ※5 2,000,000円または外貨相当額
12ケ月の入金限度額 ※6 5,000,000円
ATM引出し限度額(24時間) ※7 150,000円または外貨相当額
ショッピング利用限度額(24時間) 850,000円または外貨相当額

※5 全通貨の合計。
※6 12ケ月間に入金可能な金額。全通貨の合計。
※7 ATM運営者によってはこれより低い限度額を設定している場合があります。

 

キャッシュパスポートの賢い使い方

 以下のような使い方をすると、よりお得に使えます。

 

  • 滞在する国の通貨を選んでチャージしておく。

 → 為替手数料4%が無料になります!

   例えば、米ドルでチャージして、米ドルを引き出すor買い物すれば、かかってきません。米ドル口座からユーロで払うとかだと、かかってきます。

  逆にいうと、ユーロ圏なんかは、どこの国でも為替手数料がかからずに便利にお買い物できちゃいます。

 

  • Tポイントを貯める!

→ Tポイントが付いてくるカードと、普通のカード、どちらかを選んで作れます。

 入会金や手数料もろもろ、まったく同じ。

 なので、Tポイントが付く方を選びましょうー。200円ごとに1ポイント、TSUTAYAやエネオス、ガスト、クリエイトSDなど、身近な色んなサービスで使えちゃいます。

 宿の予約や航空券の手配などに使ったり、長く滞在して毎日の生活費で少しずつ使っていると、帰国するときには気付けば、かなりの額がたまっていることになると思います。

 

クレジットカードだけでも海外旅行は大丈夫?

 

キャッシュパスポートは、原則日本では使えません

 

 「うーん、日本で使えないなら、残額が出た時に面倒だなあ・・・」そう思ってしまった場合は、クレジットカードだけで海外旅行に行くのを考えてもいいかもしれません。 

 

 クレジットカード では現金を引き出そうと思ったらキャッシング枠を使わないといけないところがネックですよね。

 

 ただ、財布などに入れておく手持ち現金と、クレジットカード・ショッピングで間に合いそうな旅行であれば、クレジットカードだけでもいいでしょう

 

 私は、日本でメインで使っているものと、海外旅行の時に主に使うサブのクレジットカードを持っています。

 

普段メインで使っているカードを、旅行中に紛失してしまったり、不正使用されてしまったら悲しいので・・・。

 

 では、海外に持っていくクレジットカードはどれがおすすめかと言いますと・・・ 

 

海外旅行ならエポスカードがおすすめの理由

 

 海外に持って行く用のクレジットカードを作るなら、エポスカードは相当おススメです!

 旅人に利便性の高いカードとして有名ですね。

 

VISAブランドなので、世界各国で広く使えます。

 

嬉しいポイントとしては

  1. 年会費永年無料!
  2. 海外旅行保険が自動で付いてくる!
  3. 入会特典でポイントが貰える!

 というのが、大きいです。

 

まず、年会費永年無料なので、サブカードとして持っていても無料です。

 

さらに、旅人にとって素晴らしいことに、海外旅行保険が大変手厚いです。

2018年現在の、概要はこちら。

※ 最新の額はエポスNetでご確認くださいませ。

 

  • 傷害死亡・後遺障害      最高500万円
  • 傷害治療費用                 200万円(1事故の限度額
  • 疾病治療費用                 270万円(1疾病の限度額
  • 賠償責任(免責なし)   2000万円(1事故の限度額
  • 救援者費用                     100万円(1旅行・保険期間中の限度額
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。

※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

出典:エポスカードホームページ

 

 

 ゴールドカードでもないのに、ここまで高額の旅行保険が無料で付いてくるカードというのは少ないです。

 

 それから入会特典のポイントが貰えるのも嬉しい。

2018年秋現在だと、2000円分の入会ポイントが必ず貰えてしまいます!(*^▽^*)

これは凄い・・・。

 

 そして、エポスカードって、何気に、お友達紹介ポイントという制度もあったりします。

 自分がエポスカードに入会してから、友達を紹介すると、紹介者に1500ポイント、紹介され側に3000ポイント(入会ポイント含む)が付与されます!!

・・・そんなわけで、一緒に旅行に行く友達がいたら、ぜひ紹介してあげてくださーい。どっちにもお得になります。

(※ 2018年秋現在のキャンペーン)

 

 このエポスポイントは、クオカードなどの商品券と交換することもできます。

私もさっそく2000円分をクオカードに換えて、日々のコンビニやファミレスでの買い物・食事の足しにしています・・・(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク