キャッシュパスポートとエポスカードは台湾で使える?

taipei 101

 

 海外でセキュリティ上持っておきたい、キャッシュパスポート。世界210ヶ国で使えるカードですが、果たして台湾での使い勝手はどうなんでしょう?確認してみました。

 そして、旅人のクレジットカードといえば、エポスカード!これについてもご紹介。

 また、台湾の旅行お役立ち情報もお届けします。

 

 

台湾に、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

  キャッシュパスポートで台湾通貨が引き出せる、マスターカードのATMを確認してみました。(キャッシュパスポートのページからATMロケーターアプリをダウンロードできます)

 

2017年2月現在、台北中心部にはこれだけありました!

 f:id:honeybushtea:20170212123253j:plain

 

試しに、地上101階、地下5階と台湾が誇る巨大ビル、台北101の周辺を検索してみました。

使える場所は主に

  • CHANG HWA銀行
  • CHINA TRUST COMMERCIAL銀行
  • YUANTA COMMERCIAL銀行
  • HUA NAN COMMERCIAL銀行
  • HSBC 銀行
  • ファミリーマートのATM

その他多数あって、キャッシュパスポートを使うには困らなそうです。コンビニエンスストアでおろせるのは便利ですね。

 キャッシュパスポートのアプリをダウンロードすれば、上画面のように、簡単にATMを検索できますので便利です。

 

台湾で、キャッシュパスポートを使った感想。

・台北の松山空港の中に設置されているATMから、現地通貨を引き出しました!

サインレスで簡単に受け取れたので良かったです。

・台北駅周辺のATMでは、どこでも台湾元が引き出せたよ♪便利。

 

 台湾でキャッシュパスポートを使った感想を探したところ、上のような口コミが見つかりました。

 

台湾でのお買い物の仕方

1台湾ドル(1元)=約3.6円(2017年2月現在)

 

10 Yuan

 

台湾ドルは「元」とも呼ばれてますが、中国のそれとは違うオリジナルの通貨。

紙幣は、NT$100、200、500、1000、2000

硬貨は、NT$1、5、10、20、50

とそれぞれ5種類です。

 

台湾での現金両替はどこでするとよい?

 レートが一番いいのは、銀行窓口とされてます。ホテルやデパートなどでは、約5パーセントほど、レートが悪くなってしまいます。また、地方の小規模な町には両替を受け付けてくれる銀行がないことが多いです。

  •  空港・・・セキュリティはしっかりしてますが、手数料は30台湾ドルかかってきます。
  •  銀行・・・営業時間はおおよそ9時~15時半、土日祝日はお休みなので注意です、
  •  ホテル・・・レートの点では、あまりよくありません。いつでも両替できるのは便利。
  •  ATM・・・コンビニやデパートにATMが多く設置されていて便利です
  •  デパート・・・新光三越などの有名デパートのカウンターでも受け付けてます。

 キャッシュパスポートだと、窓口に並んだりしなくていいのでサクッと動けます。

Tポイントも貯められるので、帰国した時に、キャッシュバック気分で、ちょっとお得気分が味わえるかも。

 

台湾で使えるクレジットカードの種類

 マスターカード、VISA,JCBはかなり普及しています。その他、ダイナースやアメリカンエキスプレスを取り扱うお店も多くあります。

 

海外プリペイドカードとクレジットカード、どちらが安全?

 

海外でも使えるクレジットカードを持っていれば、キャッシング機能を使えば、海外現地のATMから、現金を引き出すこともできますが、その際注意しておきたい点が幾つかあります。

 

 まず、キャッシング枠だと利息が発生すること。短期間で返せれば無料ですが、返済が長引くと利子も払わないといけません。

 さらに、キャッシング枠を万が一不正利用されてしまうと、持ち主の責任ということになって返金されないケースがあるようです。

 海外でクレジットカードを使う時は、キャッシング枠はオフにしておくのが安全かもしれません。

 

 なので、個人的にはクレジットカードは現金引き出しではなく、カードショッピングに使うのがおススメですよ

 手持ち現金では間に合わず、現地でも現金をおろしたい場合は、キャッシュパスポートなど、海外プリペイドカードを合わせて持っていくのが良さそうです。

 

手持ち現金と、カードショッピングで間に合いそうなら、わざわざ海外プリペイドカードを作らずに、クレジットカードだけでもいいかもしれませんね。

私は、日本でメインで使っているものと、海外旅行の時に主に使うサブのクレジットカードを持っています。

 

普段メインで使っているカードを、旅行中に紛失してしまったり、不正使用されてしまったら悲しいので・・・。

 

 では、海外に持っていくクレジットカードはどれがおすすめかと言いますと・・・ 

 

海外旅行ならエポスカードがおすすめの理由

 海外に持って行く用のクレジットカードを作るとしたら、エポスカードは相当おススメです!

 旅人に利便性の高いカードとして有名ですね。

 

VISAブランドなので、台湾でも広く使えます。

 

嬉しいポイントとしては

  1. 年会費永年無料!
  2. 海外旅行保険が自動で付いてくる!
  3. 入会特典でポイントが貰える!

 というのが、大きいです。

 

まず、年会費永年無料なので、サブカードとして持っていても無料です。

 

さらに、旅人にとって素晴らしいことに、海外旅行保険が大変手厚いです。

2018年現在の、概要はこちら。

※ 最新の額はエポスNetでご確認くださいませ。

 

  • 傷害死亡・後遺障害      最高500万円
  • 傷害治療費用                 200万円(1事故の限度額
  • 疾病治療費用                 270万円(1疾病の限度額
  • 賠償責任(免責なし)   2000万円(1事故の限度額
  • 救援者費用                     100万円(1旅行・保険期間中の限度額
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。

※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

出典:エポスカードホームページ

 

 

 ゴールドカードでもないのに、ここまで高額の旅行保険が無料で付いてくるカードというのは少ないです。

 

 それから入会特典のポイントが貰えるのも嬉しい。

2018年秋現在だと、2000円分の入会ポイントが必ず貰えてしまいます!(*^▽^*)

これは凄い・・・。

現在のキャンペーン詳細は公式サイトからご確認ください。

 

 そして、エポスカードって、何気に、お友達紹介ポイントという制度もあったりします。

 自分がエポスカードに入会してから、友達を紹介すると、紹介者に1500ポイント、紹介され側に3000ポイント(入会ポイント含む)が付与されます!!

・・・てなわけで、一緒に旅行に行く友達がいたら、ぜひ紹介してあげてくださーい。

どっちにもお得になります。

(2018年秋現在のキャンペーン)

 

 このポイントは、クオカードなどの商品券と交換することもできます。

私もさっそく2000円分をクオカードに換えて、日々のコンビニやファミレスでの買い物・食事の足しにしています・・・(^^♪

 

 

 

 

台湾での電話のかけ方

 台湾では電話網が発達しています。国内専用の公衆(公共)電話と国際通話兼用の電話の二種類が設置されています。

 国内通話・・・1分1元(携帯へは10秒10円)

 日本への通話・・・23秒間5元。

 

台湾から日本にかける場合の番号

002(台湾の国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号

 

台湾での、注意事項

  •  賞味期限が切れてる??と思っても、西暦ではなく、民国年号で書かれているだけの場合もあり。1912年が台湾(中華民国)元年なので、現在は民国100年代。この下二桁が年号欄に書かれていることが多いです。
  •  このお菓子古い!!とクレームを付けちゃわないようにご注意~~。
  •  台湾は、治安は良いですが、置き引きやスリなどの軽犯罪は増加傾向。特に、夜市など、人が混み合う場所では、財布は内ポケットに入れるなどしておきましょう。また、タクシー運転手が強盗を働いたり、親日を装いつつ、詐欺を働くという事件も報告されていますので、ご用心。
  •  「汽車」は、「バス」のこと。日本人の感覚では「汽車」といえば電車ですが、台湾で電車は「火車」と呼ばれています。
  •  バイクやスクーターの台数が多く、車の間を縫ってとばすなど、運転も荒っぽいので歩いているときに衝突されないよう、道路を渡るときには十分注意が必要です。
  •  台湾MRT(都市鉄道)の車両の中では飲食禁止。たとえガムを噛んでいたり、ちょっとペットボトルの水を飲んだりするだけでも、見つかると1500台湾ドルもの罰金がとられちゃいます(!)
  •  タクシーは初乗り70台湾ドルからと安価で使いやすいですが、大抵の運転手さんは英語は話せませんので、行先を書いた中国語地名を見せられるとスムーズです。
  • 過去には日本に統治されていたことがあり、年配の方は日本語がよく理解できる方も多くいらっしゃいます。日本語で話す時も、誰かに理解されていると思った方がよいです。

 

スポンサードリンク