キャッシュパスポートはスウェーデンで使える?クローナをATMで引き出せる?

Stockholm, Sweden

 スウェーデンは、北欧で一番面積が広い国。

 そして、ヴァイキング(最近はオシャレにビュッフェと呼ぶことが多いですが)料理の””ヴァイキングはスウェーデンから来ているんですよ。沢山の料理の皿がズラッと並ぶお食事が有名です。

 そして、日本では食べませんがスウェーデンでは、ザリガニ料理が夏の名物でもあります。

 夏は白夜で夜中まで太陽が沈まず、冬は午後三時頃には日没を迎える、日本からみると神秘的な気候。北極圏に近い光も独特の趣があります。ストックホルムで街歩きをしてもよし、郊外では、大自然が広がり、樹木の上に泊まれるツリーハウスのホテルもあります。

 さて、こんなスウェーデンでキャッシュパスポートは使えるんでしょうか?

調べてみました。

旅行基礎情報なども一緒にお届けします。

 

  スウェーデンに、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

 キャッシュパスポートでスウェーデンの通貨「クローナ」が引き出せるATMが、どれくらいあるのかを確認してみました。 

f:id:honeybushtea:20170908210449j:plain

  ノーベル博物館や大聖堂も近いストックホルム中央駅周辺で調べたところ、こんなに使えるATMがありました。街のあちらこちらにあるので、ATM探しに不自由はしなそうです。

 

使えるATMネットワークとしては主に

  • BANKOMAT AB
  • KONTANTEN AB
  • AUTOCASH ATM
  • ICA BANKEN AB

などがあります。

マスターカードのATMロケーターのアプリをスマホにダウンロードすれば、上画面のように、簡単に最寄りのATMを検索できますので便利です。

 

キャッシュパスポートがおススメ出来るポイント

他のヨーロッパ諸国に行くなら、ユーロをチャージしていけばお得!

  スウェーデンはユーロ圏ではないのですが、もしユーロが使われている国に立ち寄る場合は、キャッシュパスポートは便利です。

 なぜかというと、キャッシュパスポートにはデフォルトで9つの通貨口座が用意されているのですが、その中の一つがユーロ口座。

 ユーロ口座に入金しておいて、ユーロ圏でお買い物や現金引き出しをすると、為替手数料が無料になるんです!

 為替手数料は、例えば米ドル口座にチャージしておいて、香港に行き、香港ドルで買い物をする場合など、通貨をまたいだ場合にかかってきます。

 けれど、ユーロ一つをチャージしておけば周辺のユーロ圏に足を伸ばした時には、両替手数料無料で使えちゃうのでお得です。

 

クレジットカードで現金引き出しはキャッシングになってしまう。

 現地のATMから現金を引き出そうと思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を使うという手もあるのですが、ちょっと心配なところがあります。

 クレジットだと、キャッシング=融資=借金扱いになってしまうので、どうしても次の返済日までに利息が発生してしまいます。

 タイミングが悪ければ、数千円ほどになってしまいます。なるべく返済日まで短くなるタイミングで使えばよいのですが、なかなか旅行中にそこまで配慮して行動するのは難しいですね。

 また万が一、キャッシング枠を不正利用された場合は、返金保障されにくいのもネックです。その代わりに、クレジットカードの方が、手数料自体は安くなる場合が多いですが。

 

Tポイントが貯まる

 TSUTAYAやガスト、FamilyMart、書店など広い生活の範囲で使えるTポイント。

実は、キャッシュパスポートを使えば、海外でも貯められちゃうのです。しかも、国内と同レベルな、200円ごとに1ポイント。

 日本に帰国してから、ちょっとしたキャッシュバック気分が味わえるのも、何気なく良いところです。

 

何よりも、両替商や銀行を探す手間が省ける!

 ATMでさくっとおろせちゃうので、両替所を回ったり、銀行を探して列に並ぶなどの手間がかかりません。時間と体力を温存して旅を楽しめるというのが、一番の魅力になるかと思います。

 

スウェーデンでのお買い物の仕方

 スウェーデンの通貨

1SEK(スウェーデン・クローナ)=約13.6円(2017年9月現在)

Ett Hundra Kronor

  紙幣は、1000、500、100、50、20クローナ。

  硬貨は、10、5、2、1クローナ。

 

1クローナコインと2クローナコインは、あまり流通していません。

 

スウェーデンでの現金両替はどこでするとよい?

 空港や駅、バスターミナル、銀行、そして「FOREX」という看板を出している、街の両替屋さんがあります。

 けれど、物価の高いスウェーデンのこと、手数料もやたらと高く、一回1000円ほども取られてしまいます。キャッシュパスポートを使った方がお得です。

 

 キャッシュパスポートを使えば、最寄りのATMで下ろせば良いので。列に並んで待たされることもありません。

 キャッシュパスポートは、入金時点でのレートがそのまま適応されますので変動を気にしなくていいのもポイント。

 

スウェーデンでの電話のかけ方

 国際電話番号00+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号です。

 

 ホテルからの電話は、公衆電話からよりも高くつきます。

公衆電話には、クレジットカードタイプとプリペイドカードタイプがあり、後者はキオスク等で販売されています。

 

スウェーデンの治安、旅の注意事項

  • 北欧は治安は良いですが、近年では外国から窃盗団がスリや置き引きをしに来ています。ホテルの食堂で食事をしている時も、デパートなどで買い物をしている時も、荷物は床に置いたりせず、常に注意をおこたらないようにしましょう。
  • 都市部では夜になると麻薬を吸う人たちが公園などにたまっていたりもします。夜間は出歩かないようにしましょう。
  • 冬の路面は雪で滑るため、滑りにくい靴を履いていくようにしましょう。
  • 美術館や交通機関では、シニア、子ども、学生の割引料金があることが多いです。パスポートや国際学生証を作っていって、窓口で見せるとお得になることも。
  • 北欧は全般的に物価が高いです。ユースホステルなどに宿泊し、スーパーで食材を買って来れば一番節約できます。
  • クレジットカードやキャッシュパスポートなどが使えるお店はかなり多数あります。

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<