ハワイで、キャッシュパスポートは使える?ホノルルの地図上で実際に調べてみた。

Kaimana

  日本からは一番身近な楽園、ハワイ。

 そのゆったり空気に、一度行けば誰でも虜になってしまうといいます。

 水上スポーツ(水をジェット噴射で空中に浮かべるものも)や、イルカと遊べるダイビング、それにロコモコやアサイーボウルなどのハワイアンフード。

 最近ではオーガニックだったりベジタリアンなレストランも増えているとか。

 フラダンスや音楽体験するのもまた一興です。

 

 想像しているだけでも浮き浮きしてきますが、こんなハワイでキャッシュパスポートは使えるんでしょうか? 

Tポイントが海外でも貯められたり、現金引き出しやカード決済など多機能なキャッシュパスポートですが、ハワイでの使い勝手はどうなんでしょう?

調べてみました。

旅行基礎情報なども一緒にお届けします。

 

 

  ハワイに、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

  キャッシュパスポートで米ドル現金が引き出せるATMが、どれくらいあるのかを確認してみました。

 f:id:honeybushtea:20170720144628j:plain

 試しに、オアフ島、ホノルルのダウンタウン近辺で探したところ、こんなに使えるATMがありました。街の角々にあるので、ATM探しには困らなそうです。

 

使える金融機関としては主に

  • ハワイ銀行
  • ファースト・ハワイアン
  • ハワイアンTEL FCU
  • VIDEO‐VEND INC 
  • アメリカン・セービングス銀行
  • テリトリアル・セービングス
  • クレジットカード・ディスカウントサービスINC
  • ボルテージ・マネジメントシステムズINC
  • セントラルパシフィック銀行
  • ATM DEPLOYERサービスLLC

など沢山ありました。

スーパーマーケットやABCストアなどにも設置されています。

 

マスターカードのATMロケーターのアプリをスマホにダウンロードすれば、上画面のように、簡単に最寄りのATMを検索できますので便利です。

 

ハワイで、キャッシュパスポートを使った口コミ

 キャッシュパスポートを使った口コミを探してみました。

 

つい使い過ぎてしまうことが怖くてカードは持っているものの躊躇してしまう私。今回は初めてキャッシュパスポートという、預入をした額までしか利用できないというカードを持って旅行へ行きました。 
見た目はMasterCard。使い方もMasterCard。違うのは利用可能な金額のみ、です。 
外貨を購入するのもATMがあればキャッシング同様に利用できるので便利でした。 
ギャラリアでは入口にATMがあります。ツアーなどで初めてハワイを訪れる方でもここへは一度は足を運ぶでしょう。空港で米ドルに換えそびれても心配ありません。 
ギャラリアだけでなく、ホノルル・クッキー・カンパニーでもABCストアでも使ってみましたが通常のカードとまったく変わりありませんでした。 
ようやく使い過ぎに歯止めをかけられそうです。

 リゾート地では、心が開放されて、ついつい買い物をし過ぎてしまう人もいるかもしれませんね。クレジット・カードと違って、あらかじめチャージしてある金額までしか使えませんので、使いすぎ防止にもなりそうです。

 

ハワイに行くなら、米ドルでチャージしていけばお得!

 キャッシュパスポートには9つの通貨の口座が用意されています。

ハワイに行くなら、日本円か米ドルを選択することになるかと思いますが、何といっても米ドルでチャージしておくことをお勧めします!

 なぜなら、為替手数料(両替手数料)が、ゼロ円=無料になっちゃうからです!

 

 実はキャッシュパスポートでは、チャージしてある通貨でお買い物や現金引き出しをする分には為替手数料がかかりません。

 例えば米ドル口座にチャージして、米ドルで支払う場合などです。

 (米ドル口座からユーロ建てで払ったり、日本円口座から米ドルで払ったりするとかかります)

 なので、ぜひ米ドルチャージをしましょう。

 

クレジットカードよりも安心で、Tポイントも貯められる。

 

 キャッシュパスポートの場合は、銀行の預金残高と結び付いているわけではないので、例え盗難された場合でも、預金残高ぜんぶが狙われるということがありません。

 現地のATMから現金を引き出そうと思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を使うという手もあるのですが、安全面からは、ちょっと心配なところがあります。

 なぜかというと、クレジットカードのキャッシング枠は、不正使用された場合に、使い込まれた額が返金されないことが多いのです!

 カード持ち主が、ちゃんと暗証番号などを管理していなかったということにされてしまうようです。

(通常のカードショッピング枠ならば、加盟店が本人かどうか、きちんと確認していなかった、ということで加盟店責任になって、お金は戻って来ることが多いのですけど・・・とはいえ、60日以内に使われた額・・など期限がありますので、明細は毎月チェックしましょう!)

  万全を機すのであれば、クレジットカードのキャッシング枠はオフに設定しておかれることをおススメします。

 

Tポイントが貯まる

 TSUTAYAやガスト、FamilyMart、書店など広い生活の範囲で使えるTポイント。

実は、キャッシュパスポートを使えば、海外でも貯められちゃうのです。しかも、国内と同レベルな、200円ごとに1ポイント。

 日本に帰国してから、ちょっとしたキャッシュバック気分が味わえるのも、何気なく良いところです。

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<

 

 

ハワイでのお買い物の仕方

 

1米ドル=約112円(2017年7月現在)

 

Dollars



  紙幣は、$20、10、5、1

  硬貨は¢(セント)が、¢25、10、5、1 。

 1ドルは、100セントに当たります。

  

 50セントと1ドル硬貨は、ほとんど流通していないので、見かけたらレアです。

 

ハワイでの現金両替はどこでするとよい?

 ホテルや空港は割高なので、民間の両替商が一番お得なようです。

また日本で両替する場合は、どこもレートが統一されているのですが、ハワイ現地では両替所同士で競争しているため、他よりもレートが良いお店も存在しています。

 

 なのですが、キャッシュパスポートの方が、両替所を探して、列に並んだりする手間も省けて便利です。

 キャッシュパスポートには、米ドル口座が用意されていますので、米ドルでチャージしておけば、入金時点でのレートがそのまま適応されますので変動を気にしなくても大丈夫。

 

ハワイで使えるクレジットカードの種類

 ハワイはアメリカ領なので、クレジットカードもかなり普及しています。マスターカード、VISAなら使えるお店は沢山あります。

 

ハワイでの電話のかけ方

 国際電話番号001+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号です。

 公衆電話では、日本の空港などで買える国際電話カードも使えます。

またレンタル電話や、ホテルの部屋の電話もあります。

 

ハワイでの、旅の注意事項

 

  •  交通ルールが厳しくて、信号無視、それに横断歩道以外の場所で道を渡った場合、罰金が科せられます。
  •  12歳以下の子どもを放置するのも、なんと違法。車やホテルで子どもたちだけで待たせておくのはNGなんです。
  •  ハワイにはあちこちに旅行案内のフリーペーパーが置いてあって、クーポンも付いていたりするのでチェックしましょう。
  •  水道水のクオリティは高く、まず安全に飲めます。
  •  ホテルスタッフのふりをして客室に侵入し、金品を強奪する犯人もいるので、ホテルだからといって油断はしないようにしよう。
  •  日本語を話して近づいてくる人の中にも、隙をついて荷物を奪う人や、クレジットカードの暗証番号などを盗む人もいるので、見きわめが大事。
  •  観光客を狙った車上荒らしはよく起きているので、貴重品類は身につけておこう。
  •  ビーチなどでの飲酒は禁止されています。また、お酒を飲めるのは21歳から。

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<