キャッシュパスポートは、デンマークで使える?クローネが引き出せるか調べた。

Copenhagen

 デンマークは、北欧の中では一番南にあり、ドイツからもアクセスしやすい国。

 世界最古の遊園地、チボリ公園があったり、可愛らしいケーキみたいなお城や、水辺に建てられた、迷路も併設されている古城があったり、ロマンチックな名所あり。

 それに本番の「デニッシュ・ブレッド」や珈琲が美味しいことでも有名です(^<^)

 また、意外な面白スポットとしては、クリスチャニア。

 この場所は、首都コペンハーゲンの中心部にあるのですが、自治区となっていて、独自の文化を築き上げています。

 もともとはヒッピーコミューンから出発したとのことで、オーガニック野菜やエコ意識も高く、ペイントされたストリートからは、開放的な雰囲気が漂ってきます。デンマークに行くならば、必見です。

 

 さて、こんなデンマークでキャッシュパスポートは使えるんでしょうか?

調べてみました。

旅行基礎情報なども一緒にお届けします。

 

 

  デンマークに、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

  キャッシュパスポートでデンマークの通貨「クローネ」が引き出せるATMが、どれくらいあるのかを確認してみました。

f:id:honeybushtea:20170901132623j:plain

  コペンハーゲンの、チボリ遊園地公園がある地帯で調べたところ、こんなに使えるATMがありました。街のあちらこちらにあるので、ATM探しに不自由はしなそうです。

 

使えるATMネットワークとしては主に

  • EURONET 360
  • PBS INTERNATIONAL A.S.

の二つに統一されていて、色んな銀行や街角に、これらのATMが設置されています。

マスターカードのATMロケーターのアプリをスマホにダウンロードすれば、上画面のように、簡単に最寄りのATMを検索できますので便利です。

 

キャッシュパスポートがおススメ出来るポイント

他のヨーロッパ諸国に行くなら、ユーロをチャージしていけばお得!

  デンマークはユーロ圏ではないのですが、もしユーロが使われている国に立ち寄る場合は、キャッシュパスポートは便利です。

 なぜかというと、キャッシュパスポートにはデフォルトで9つの通貨口座が用意されているのですが、その中の一つがユーロ口座。

 ユーロ口座に入金しておいて、ユーロ圏でお買い物や現金引き出しをすると、為替手数料が無料になるんです!

 為替手数料は、例えば米ドル口座にチャージしておいて、香港に行き、香港ドルで買い物をする場合など、通貨をまたいだ場合にかかってきます。

 けれど、ユーロ一つをチャージしておけば周辺のユーロ圏に足を伸ばした時には、両替手数料無料で使えちゃうのでお得です。

 

クレジットカードで現金引き出しはキャッシングになってしまう。

 現地のATMから現金を引き出そうと思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を使うという手もあるのですが、ちょっと心配なところがあります。

 クレジットだと、キャッシング=融資=借金扱いになってしまうので、どうしても次の返済日までに利息が発生してしまいます。

 タイミングが悪ければ、数千円ほどになってしまいます。なるべく返済日まで短くなるタイミングで使えばよいのですが、なかなか旅行中にそこまで配慮して行動するのは難しいですね。

 また万が一、キャッシング枠を不正利用された場合は、返金保障されにくいのもネックです。その代わりに、クレジットカードの方が、手数料自体は安くなる場合が多いですが。

 

Tポイントが貯まる

 TSUTAYAやガスト、FamilyMart、書店など広い生活の範囲で使えるTポイント。

実は、キャッシュパスポートを使えば、海外でも貯められちゃうのです。しかも、国内と同レベルな、200円ごとに1ポイント。

 日本に帰国してから、ちょっとしたキャッシュバック気分が味わえるのも、何気なく良いところです。

 

何よりも、両替商や銀行を探す手間が省ける!

 ATMでさくっとおろせちゃうので、両替所を回ったり、銀行を探して列に並ぶなどの手間がかかりません。時間と体力を温存して旅を楽しめるというのが、一番の魅力になるかと思います。

 

デンマークでのお買い物の仕方

 デンマークの通貨

1DKK(デンマーク・クローネ)=約17.6円(2017年9月現在)

200 | 50 Danish Kroner

  紙幣は、1000、500、200、100、50クローネ。

  硬貨は、20、5、10、2、1クローネ。

      50、25オーレ。

 

1クローネは100オーレ、に当たります。

 

  DKKは、krとも表記します。スウェーデンやノルウェーも「KRクローネ」なのですが、それぞれ独自の通貨になっています。

デンマークでの現金両替はどこでするとよい?

 デンマークでは、中級以上のホテルや、空港、銀行、郵便局、街中の両替商で両替が可能です。日本よりも、現地での両替がお得になるケースが多いです。

 ホテルよりは銀行のレートが良く、観光地にある両替商では手数料が高く設定されていることがあります。

 キャッシュパスポートを使えば、最寄りのATMで下ろせば良いので。列に並んで待たされることもありません。

 キャッシュパスポートは、入金時点でのレートがそのまま適応されますので変動を気にしなくていいのもポイント。

 

デンマークでの電話のかけ方

 国際電話番号00+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号です。

 

 ホテルからの電話は、かなり手数料が高くつきます。

公衆電話が、レストランや通り、駅や空港などに設置されていますので、そちらを使ったほうが損しません。 

 コインタイプとテレフォンカードタイプがあって、テレフォンカードはキオスク等で販売されています。

 

デンマークでの、旅の注意事項

  • デンマークの治安は良好ですが、ATMを使う時などには、背後に注意して暗証番号を盗み見られないよう手で隠しながら操作した方が無難です。
  • デンマークの10月以降はめっきり寒くなり、観光施設も閉鎖されてしまうところも出来てくるため、事前に行きたい場所の開店時間などをチェックしていかれるといいです。
  • ストロイエ通りなど、有名な大型ショッピングモールでは、旅行者を狙った集団スリや置き引きが出没しています。手荷物からは目を離さず、盗まれやすそうなショルダーバッグなどは避けましょう。コペンハーゲン中央駅も、スリは多く、話しかけた隙を狙ってすったり、また偽警官が表れることも。本物の警官は、財布を見せろとは言ってきません。
  • トイレは、駅や公園、ミュージアムなどに設置されていて、ほとんどが有料のため、5KKからの小銭を用意しておくと、トイレには便利。
  • 水道水は飲用可能です。ミネラルウォーターのペットボトルも入手できます。
  • 生鮮食品は、お腹に自信がなければ注意した方がいいです。高級レストラン以外では、なるべく火の通ったものを注文するようにしましょう。
  • 夏でも朝晩は冷えるため上着を用意しておきましょう。(7月の最低気温は、13度ほど)

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<