ブラジルで、キャッシュパスポートは使える?

 

E70A3280.jpg

 

 リオのカーニバルは勿論有名ですが、他にもピラニア料理が食べられたり、高低差約1キロもの断崖絶壁を落ちていく滝があったり、驚きに満ちているブラジル。

 また、西洋人、黒人、それに日本からの移民、ドイツ移民なども長く受け入れてきた国なので、人種の坩堝感は半端ではありません。

 そして最近では経済が活発に成長している新興国、BRICSの一つとしても注目されているエネルギーに溢れた国です。 

 こんなブラジルでキャッシュパスポートは使えるんでしょうか? 

Tポイントが海外でも貯められたり、現金引き出しやカード決済など多機能なキャッシュパスポートですが、ブラジルでの使い勝手はどうなんでしょう?

調べてみました。

旅行基礎情報なども一緒にお届けします。

 

 

  ブラジルに、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

  キャッシュパスポートで現金が引き出せるATMが、どれくらいあるのかを確認してみました。

 

 f:id:honeybushtea:20170720124116j:plain

 

 サン・パウロの美術館近辺で探したところ、こんなに使えるATMがありました。街の辻々で現金引き出しができそう。

 

使える金融機関としては主に

  • 24HORAS銀行
  • BANCO BRADESCO S/A
  • イタウ銀行
  • SANTANDER(BRASIL)銀行
  • DAI BRASIL LTDA

などなど、沢山ありました。

 

マスターカードのATMロケーターのアプリをスマホにダウンロードすれば、上画面のように、簡単に最寄りのATMを検索できますので便利です。

 

ブラジルで、キャッシュパスポートを使うメリットとは?

セキュリティ面で、クレジットカードよりも安心

 ブラジルは、混沌としたエネルギーが渦巻いている分、治安については日本よりも、かなり注意が必要です。

 海外でのカード犯罪率は日本よりもはるかに高く、しかも現地慣れしてない旅行者や外国人は狙われやすいです。

 盗難、それにスキミングにも注意しましょう。スキミングの場合は、カフェでWi-Fi使ってクレジットカード決済したら、いつの間にかデータを抜き取られて使われていたとか、遠隔機器で情報を読むなど、かなり巧妙な手口、かつ明細をチェックしていないと気付きにくいので、要注意です。

 

 キャッシュパスポートの場合は、銀行の預金残高と結び付いているわけではないので、例え盗難された場合でも、預金残高ぜんぶが狙われるということがありません。

 あくまで、キャッシュパスポートに入金されている額までしか使えないようになっていますので、ちょっと安心です。

 

 また、現地のATMから現金を入手しようと思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を使うという手もあるのですが、これは安全面からは、ちょっと心配なところがあります。

 なぜかというと、クレジットカードのキャッシング枠は、不正使用された場合に、使い込まれた額が返金されないことが多いのです!

 カード持ち主が、ちゃんと暗証番号などを管理していなかったということにされてしまうようです。

(通常のカードショッピング枠ならば、加盟店が本人かどうか、きちんと確認していなかった、ということで加盟店責任になって、お金は戻って来ることが多いのですけど・・・とはいえ、60日以内に使われた額・・など期限がありますので、明細は毎月チェックしましょう!)

  そんなわけで、クレジットカードも何枚か持っていくと便利なのですが、あくまで使うのは時々にしておいて、またキャッシング枠はオフに設定しておかれることをおススメします。

 

Tポイントが貯まる

 TSUTAYAやガスト、FamilyMart、書店など広い生活の範囲で使えるTポイント。

実は、キャッシュパスポートを使えば、海外でも貯められちゃうのです。しかも、国内と同レベルな、200円ごとに1ポイント。

 日本に帰国してから、ちょっとしたキャッシュバック気分が味わえるのも、何気なく良いところです。

 

 

ブラジルでのお買い物の仕方

 

1レアル=約35.55円(2017年7月現在)

 

Brazilian Reals / Reais


  紙幣は、R$100、50、20、10、5、2

  硬貨はレアルが、R$1と、¢(センターボ)が、¢50、25、10、1 。

 1レアルは、100センターボに当たります。

 

 コインとR$10紙幣は、新旧2種類が流通しています。どちらかが贋金ということはないですよ~(笑)

 

ブラジルでの現金両替はどこでするとよい?

 両替は、銀行、街の両替商、高級ホテルや、旅行会社などで可能です。

なのですが、日本円は特に地方だと両替不可なところが多いです。

大都市でも、日本円とレアルの両替は、相当レートが悪いので、米ドルを用意しておくのが無難です。

 

 キャッシュパスポートだと、両替所を探して列に並んだりする手間も省けます。

 キャッシュパスポートには、米ドル口座が用意されていますので、米ドルでチャージしておけば、入金時点でのレートがそのまま適応されますので変動を気にしなくても大丈夫。新興国通貨は大きく変動することがあるので、有利な時のレートで固定できておけるのは便利です。

 

ブラジルで使えるクレジットカードの種類

 マスターカード、VISAカードが一番普及しています。

高級なレストランやホテルでは使えることも多いのですが、街のカジュアルな食堂や商店では、まだそれほど普及していません。

 

ブラジルでの電話のかけ方

 国際電話番号00+国際電話サービス会社の番号(15,21,23など)+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号です。

 公衆電話で国際電話カードをするときは、カードに記載の暗証番号+81+ゼロなしの日本の市外局番と相手先番号です。

 

ブラジルでの、旅の注意事項

  •  政治情勢が不安定な時期があるので、外務省の海外安全情報はチェックしておこう。
  • 「Tourist Info」と書かれた店舗が、公共機関運営とは限らない。民間の旅行エージェントだと、しつこくツアーに勧誘されることもある。
  • 英語はあまり通じない。旅行スペイン語を覚えていくと良い。
  • 治安はあまり良くない。旅行者の後をつけて一瞬の隙をついて荷物を強奪されることもあるので、後方にも注意が必要だ。
  • 金色のアクセサリーや、何か高そうな装飾品、服装は避けよう。カメラ類も、雑踏の中では見せないようにしたい。カメラは紐などで鞄につないでおくといい。
  • レストランでも、隣の席などちょっと離れた場所に荷物を置くと、盗られることがある。
  • 偽警官も出没する。警察手帳を見せられてパスポートや所持金を求められ、渡してしまうと持ち去られるケースもあり。パスポートのコピーの方を見せるようにしたい。
  • 強壮飲料として知られるガラナには、カフェインが珈琲の五倍も含まれているとか!
  • イグアスの滝付近は、色とりどりの蝶々が入り乱れ、体に止まって来ることもあ
  • る。500種類もの蝶が生息しているとか。

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<