キャッシュパスポートはアメリカで使える?【ニューヨーク編】

Dreams of New York

  アメリカ合衆国の中でも、その豊かさの代名詞として、真っ先に思い浮かぶのがニューヨーク。「セックス&ザ・シティ」「ゴシップガール」など、ドラマの舞台にもなったエネルギッシュで華やかな街並み。

 本場のベーグルサンドを食べるもよし、カップケーキやハンバーガーも本場のは迫力満点!さらにセントラル・パークで地元民に混じってくつろぐもよし。

 ハーレムにゴスペルを聞きに行ったり、メトロポリタン美術館や、MoMAで芸術鑑賞にふけったり、ともかくカルチャーも充実しています。

 

 そんなアメリカはニューヨークでキャッシュパスポートの使い勝手はどうでしょうか?

 調べてみました。

 旅行基礎情報と一緒にお届けします。

 

 

  ニューヨークに、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

  キャッシュパスポートで米ドルが引き出せるATMが、どれくらいあるのかを確認してみました。

 

f:id:honeybushtea:20170827102150j:plain

 

 流石にカード社会アメリカ。街の至る所にATM🏧が設置されていますので、思い立った時にすぐ近くのATMでお金を下ろせそうです。

 

使える金融機関としては主に

  • ATM WORLD CORP
  • LOCATOR
  • BANK OF AMERICA
  • BEST PRODUCTS SALES AND SERVICE INC
  • PROSPERITY BANK
  • ATM ADVANTAGE
  • CARD TRONICS USA INC.
  • NATIONAL LINK INC.
  • ECLIPSE CASH SYSTEMS LLC
  • ATM OF AMERICA INC.
  • JARRETT ENTERPRISES INC.
  • FINANCIAL PRODUCT ENTERPRISES INC.

 

など、たくさんありました。

マスターカードのATMロケーターのアプリをスマホにダウンロードすれば、上画面のように、簡単に最寄りのATMを検索できますので便利です。

 

アメリカ、ニューヨークでキャッシュパスポートを使った感想

 ネット上でキャッシュパスポートを使った感想を探したところ、以下のようなものが見つかりました。

 

ニューヨーク出張中、次のような場所で、キャッシュいらずで買い物ができた。

地下鉄でのメトロカードの購入、スーパーやメーシーズ・センチュリー21のデパートでの買い物、食堂での簡単な昼食、ハイアット(ニュージャージー)の売店での支払い、ヤンキースタジアムでのチケット購入、ヤンキースショップでのおみやげ、などなど。

どこでも使え、逆に使えない場所がなかった。

アメリカはコインが大きく、コインの持ち運びは非常に不便。しかし、キャッシュパスポートはこのような不便さを与えない、スマートなカードと言えます。

 

 デパート、地下鉄、食堂、お土産など、ほとんどの場所で使えたことが分かります。

アメリカは色々ビッグサイズとは言いますが、コインまで大きいんですね(^^;

 

アメリカ行くなら、米ドルでチャージしておけばお得! 

 キャッシュパスポートには、9種類の通貨口座が用意されていますが、アメリカに行くのならば、もちろんUSドルの口座にチャージしていきましょう!

 こうすることで為替手数料が無料になるんです!

 為替手数料は、例えば日本円口座からUSドルで使う時などに、両替代金として4%かかってくるものなのですが、usドル口座からusドルでお買い物する分には、無料なんです。

 こうすれば手数料はかなり抑えられます。

 

なぜキャッシュパスポート?

クレジットカードで現金引き出しはキャッシングになってしまう。

 現地のATMから現金を引き出そうと思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を使うという手もあるのですが、ちょっと心配なところがあります。

 クレジットだと、キャッシング=融資=借金扱いになってしまうので、どうしても次の返済日までに利息が発生してしまうんです。

 タイミングが悪ければ、数千円ほどになってしまいます。なるべく返済日まで短くなるタイミングで使えばよいのですが、なかなか旅行中にそこまで配慮して行動するのは難しいですよね・・。

 

Tポイントが貯まる

 TSUTAYAやガスト、FamilyMart、書店など広い生活の範囲で使えるTポイント。

実は、キャッシュパスポートを使えば、海外でも貯められちゃうのです。しかも、国内と同レベルな、200円ごとに1ポイント。

 日本に帰国してから、ちょっとしたキャッシュバック気分が味わえるのも、何気なく良いところです。

 

何よりも、両替商や銀行を探す手間が省ける!

 ATMでさくっとおろせちゃうので、両替所を回ったり、銀行を探して列に並ぶなどの手間がかかりません。時間と体力を温存して旅を楽しめるというのが、一番の魅力になるかと思います。

 ちなみに、アメリカ入国に際してVISA替わりに必要になるESTAも、キャッシュパスポートで支払い可能です。

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<

 

 

アメリカでのお買い物の仕方

 アメリカの通貨

1米ドル=109円(2017年8月現在)


Money



  紙幣は、100、50、20、10、5、1ドル。(ダラーと発音)

  硬貨は、1ドルと、補助通貨のセントが、50、25、10、5、1。

 1ドルは、100セントに当たります。

 

 50ドル以上は高額紙幣なので、小さなお店などでは、支払えないことも。

 1ドルコインと、50セントコインは、ほとんど流通していなかったりもします。

Sad, Stoic, and Happy Abe

 ↑ こういう遊びは万国共通なんですねー(;'∀') 

  払う時に恥ずかしいので慎みましょう(笑)

 

アメリカでの現金両替はどこでするとよい?

 

  空港やホテル、銀行や両替商でできます。

 特に観光地周辺の両替商はレートが悪いので、銀行の方を利用した方がいいです。 

 ただし、アメリカ現地で円からドルに交換するよりも、日本でドルにあらかじめ換えて行った方がレートがいいです。

 アメリカでは円の需要はそんなにありませんから必然的にレートが不利です(^^;

 日本では、金券ショップを使うのが一番安くなる確率が高いです。

 

 現地で現金を引き出す時には、キャッシュパスポートを使えば、銀行まで歩いたり、列に並んだりする手間も省けて便利ですよ。

 

アメリカから日本に電話をかけるには。

 011(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号です。

 

アメリカはニューヨークでの、旅の注意事項

  •  タクシーは、白タクはあれこれ難癖を付けられてぼったくられるケースも多いです。たとえ英語に自信があっても、公的なイエローキャブに乗った方が良いです。
  • 日本語でナンパしてくるお兄さんもいるようですが、人柄を見極めつつ、ちゃんときっぱり断る態度が大切。クラブやバーなどで話しかけられるケースも多いようです。
  • お買い物バッグを沢山さげていると、引ったくりや置き引きに遭いやすいです。とりわけ、そのバッグにブランド名が印刷されている場合など・・・。そんな時はタクシーを使って帰るようにしましょう。
  • 人通りの少ない場所や夜の一人歩きはしないように。人混みでのスリにも気を付けましょう。
  • 街中ではデパート、ショッピングモール、美術館のロビーなどのトイレが利用できます。無料トイレは衛生面など問題があり、使わない方が無難。
  • 野外でお酒を飲むのは禁止されています。昼間からセントラルパークで一杯・・・とかはNG。
  • お店などでの列は、1列に並んで、そこから各列に割り振られるシステムになっています。

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<