キャッシュパスポートのデメリットや不便な点と、その解消方法を考えた!クレジットカードだけで海外に行く選択肢もあり。

Danny coming in for a landing

 キャッシュパスポートにも、幾つかデメリットがあります。どんなものがあるのか、そしてそれを解消出来る方法を見つけたのでご説明します。

 

 キャッシュパスポートといえば、海外滞在時に持っていくと便利なカード。

カード決済でのお買い物から、現地ATMでの現金引き出し、それに日本からのチャージやネットバンキングを使っての追加チャージも手軽に行えてしまう優れもの・・・・・

 なんですが、やはりデメリットもあります。

 

 解消できる方法もありますが、現金とクレジットカードだけで海外旅行に行くという選択肢もありますね。

 

考察してみました。

 

 

デメリットその1:維持手数料が、かかることもある。

 キャッシュパスポートの入会金や年会費は基本的に無料です。

ただ例外があります。

 それは、もし一年(12カ月)以上、まったく使わないで放置していた場合、口座維持手数料がかかってしまうこと。一カ月につき、150円が引かれます。

 数年、あるいは数カ月海外滞在して、帰国してからはもう使う予定がなければ解約しちゃえば良い話ですね。

 でも、数カ月~一年、国外に滞在して日本に戻ってきてから、一年以上間を置いて、また海外渡航する予定がある・・・するかもしれない・・・、こういう時はとりあえず保管しておきたくなりますね。

  

 そんな時の裏技!

 お客様センターに問い合わせたところ、口座残高が150円以下であれば、そこからさらに引かれることはないそうです。

 なので、放置予定の場合は、帰国時になるべく残高を使い切ってから帰国するのがよいですね。

 

 また、もう一つの手は、海外のサイトを使ってオンラインショッピングしてしまうこと。日本国内での店舗には対応していないのですが(貯まったティーポイントは使えます)、日本国内からでも、ネットの海外店舗では使えます。

 現地のお店でしか入手できない、おいしいお菓子や雑貨などを、お取り寄せするっていうのも手ではあります。

 

デメリットその2:為替手数料がかかることがある。

 キャッシュパスポートでは、為替手数料が4パーセント乗ってきます。

両替手数料ということですね。

 手数料取られるのかあ・・・と思ってしまいますが、キャッシュパスポートを使わずとも、現地の両替商や銀行などで手数料は上乗せされる・・・それは確かです。

 そうすると、慣れない海外で両替商を捕まえてレートを交渉したり、暑いor寒い中、銀行などを歩き回って探し、窓口に並ぶ・・・こういう手間が節約できるだけでも、利点は大きいと思います。

 

 そして、実はこの為替手数料も無料になるケースは沢山あります!

というのは、この「為替手数料」がかかってくるのは、通貨をまたぐ買い物をした時だけなんです。

 例えば、米ドル口座にチャージしてあって、ヨーロッパに遊びに行ってユーロ建てで買い物や現金引き出しをした場合です。

 こんな時は米ドル→ユーロへの両替手数料がかかってきます。

 

 なのですが、米ドルでチャージして、米ドルを使う、ユーロでチャージしておいてユーロで使う、こんな場合、「為替手数料」は一切かかってきません!

 キャッシュパスポートには、デフォルトで日本円以外に、8種類もの通貨がチャージ出来るようになっています。

  1. 米ドル
  2. 英ポンド
  3. EUユーロ
  4. 豪ドル
  5. NZドル
  6. 香港ドル
  7. シンガポールドル
  8. カナダドル

 こんなわけで、上の8つの通貨圏のうちのどこかに行く場合は、現地通貨でチャージしておけば、為替手数料はかかってきませんのでお得です。

 

デメリットその3:他のカードと比べて高い??

f:id:honeybushtea:20170630170536p:plain

  試しに、他の主な海外用プリペイドカードと比較してみました。

こうしてみると、キャッシュパスポートの方が高くなるのは

  • 年会費
  • チャージ手数料

です。

 けれど年会費は、1年以上放置した場合だけ発生するもので、残高が150円以下であれば、それ以上引かれることもありません。

 また、チャージ手数料については、マネパカードは無料です。

 そしてネオマネーも無料・・・ですが、

 ネオマネーの場合は実は、日本円口座しかないので、買い物の都度、現地で日本円から海外通貨への両替手数料(4%)が発生します。避けられません。

 ので、キャッシュパスポートの方が安くなるケースが多いといえそうです。

 チャージされている通貨のどれかを使うのであれば、為替手数料は無料になりますので・・。

 

 こうしてみると、他のカードより、微妙~~に高いところもありますが、そこまで大差ないとも言えそうです。

 また、以下のメリットを考え合わせると、その分は全然補っていのではないかと思われます。

 

 (1)8つの海外通貨がチャージできて、その通貨でお買い物をする分には為替手数料が無料になる点。

 (2)Tポイントが貯められるので、結果的にキャッシュバックが貰えたようなお得気分が味わえる。

 (3)スペアカードが最初から付いてくる(無料)から、万が一、オリジナルのカードを無くしてしまった時でも焦らなくてすむ。

 (4)24時間の電話サポートや、緊急通訳サービスがある。

 (5)日本の家族から入金してもらえる。

 

 やっぱり、大手発行なだけあって、サポート体制はかなりしっかりしているので、安全性は高いです。

 

・・・とはいえ、クレジットカードだと、日本でも使えるし、気持ちは気軽なのは確かです。

  クレジットカードだけで海外に行ってもいいのでは?

 どんな場合だったら大丈夫?

 について次に書きます。

 

クレジットカードだけでも海外旅行は大丈夫?

 

 クレジットカード では現金を引き出そうと思ったらキャッシング枠を使わないといけないので、抵抗がありますよね。

 ただ、手持ち現金と、クレジットカード・ショッピングで間に合いそうな旅行であれば、クレジットカードだけでもいいでしょう。

 

 私は、日本でメインで使っているものと、海外旅行の時に主に使うサブのクレジットカードを持っています。

 

普段メインで使っているカードを、旅行中に紛失してしまったり、不正使用されてしまったら悲しいので・・・。

 

 では、海外に持っていくクレジットカードはどれがおすすめかと言いますと・・・ 

 

海外旅行ならエポスカードがおすすめの理由

 海外に持って行く用のクレジットカードを作るなら、エポスカードは相当おススメです!

 旅人に利便性の高いカードとして有名ですね。

 

VISAブランドなので、世界各国で広く使えます。

 

嬉しいポイントとしては

  1. 年会費永年無料!
  2. 海外旅行保険が自動で付いてくる!
  3. 入会特典でポイントが貰える!

 というのが、大きいです。

 

まず、年会費永年無料なので、サブカードとして持っていても無料です。

 

さらに、旅人にとって素晴らしいことに、海外旅行保険が大変手厚いです。

2018年現在の、概要はこちら。

※ 最新の額はエポスNetでご確認くださいませ。

 

  • 傷害死亡・後遺障害      最高500万円
  • 傷害治療費用                 200万円(1事故の限度額
  • 疾病治療費用                 270万円(1疾病の限度額
  • 賠償責任(免責なし)   2000万円(1事故の限度額
  • 救援者費用                     100万円(1旅行・保険期間中の限度額
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。

※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

出典:エポスカードホームページ

 

 

 ゴールドカードでもないのに、ここまで高額の旅行保険が無料で付いてくるカードというのは少ないです。

 

 それから入会特典のポイントが貰えるのも嬉しい。

2018年秋現在だと、2000円分の入会ポイントが必ず貰えてしまいます!(*^▽^*)

これは凄い・・・。

現在のキャンペーン詳細は公式サイトからご確認ください。

 

 

 

 そして、エポスカードって、何気に、お友達紹介ポイントという制度もあったりします。

 自分がエポスカードに入会してから、友達を紹介すると、紹介者に1500ポイント、紹介され側に3000ポイント(入会ポイント含む)が付与されます!!

・・・そんなわけで、一緒に旅行に行く友達がいたら、ぜひ紹介してあげてくださーい。どっちにもお得になります。

(※ 2018年秋現在のキャンペーン)

 

 このエポスポイントは、クオカードなどの商品券と交換することもできます。

私もさっそく2000円分をクオカードに換えて、日々のコンビニやファミレスでの買い物・食事の足しにしています・・・(^^♪

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク