キャッシュパスポートにチャージ出来るデフォルト通貨は7種類+2で、9種類のマルチカレンシー・カード☆彡

travel

 キャッシュパスポートは海外現地でカード決済、現金引き出し、日本からの送金ができるなど、色々便利なプリペイドカードです。

 最近に「マルチカレンシー・キャッシュパスポート」としてリニューアルされ、デフォルトで、多種類の通貨にチャージ出来るようになりました。

 さて、どの国の通貨がチャージできるのでしょうか。

 確認してみました。

 

 

キャッシュパスポートに用意されている通貨の種類

  1. 日本円
  2. ユーロ
  3. 英国ポンド
  4. 米ドル
  5. 豪ドル
  6. ニュージーランド・ドル
  7. カナダ・ドル
  8. シンガポール・ドル
  9. 香港ドル

 以上、9種類になります。

 カナダ、NZ、シンガポールの$も用意されているのは、なかなか珍しくて重宝します。

 通貨の種類が多いと、お得です。

 なぜかというと、海外プリペイドカードは、チャージされている口座の通貨とは違う通貨から支払いをした時には、為替手数料がかかってくるからなんです。

 例えば、ユーロでチャージしていて、アメリカでドル建てで支払うと、かかってきます。けれど、ユーロで入金してユーロで支払う分には、かかってきません。

 なので、特に上の8つの通貨圏のつちの、どこかに行く人にとっては、とてもお得に使えます。

 

この9つの通貨圏以外では?

 そして、上の通貨圏以外では使えないのか、というとそんなことはありません。

世界約210カ国、マスターカードが使える お店やATMでなら、どこでも使えます。

タイ、フィリピン、中国、台湾、韓国、インドネシア、メキシコ・・・大抵のところには、現在はマスターカードが普及してますので、これ一つで現地通貨を引き出せちゃいます。

 

 ただし、この場合は為替手数料の4%はかかってきます。なのですが、結局どこの国でも、両替商をつかまえたり、銀行に行ったりしてお金を交換することにはなってきて、その時に多かれ少なかれ手数料は取られます。

 この点、両替商や銀行で列に並んだり、(時には)レートの交渉をしたりなどという、ちょっと時間と手間のとられることを省けるのは、よいところです。

 コンビニや街角にATMが設置されているところも多いですので、そういう場所でさくっとお金をおろせちゃうのは便利です。

 

キャッシュパスポートのお得で便利な点は?

ATMロケーターがある

 マスターカードには、ATMロケーターというスマホアプリがあります。

これを使うと、地図上から最寄りのATMを見つけることができます。

うろうろ探し回る時間を削減できちゃいます。

f:id:honeybushtea:20170417154118j:plain

 画面は上のような感じで、グーグルマップですので、もちろん拡大して細かいストリートまで閲覧可能です。

 

クレジットカードよりも安心

 クレジットカードでも、海外で現金引き出しはできるのですが、キャッシング枠を使うことになってしまいます。

 もちろん迅速に返済すれば、利息は無料になることが多いのですが、万一返済を忘れてしまい時間が経過してしまうと、意外に利息が膨らんでいてショックを受ける可能性があります。

 また、クレジットカードの場合は、もしキャッシング枠を不正利用されてしまった場合は、返金保障をもらうのが難しくなるケースが多いようです。

 通常のカード決済であれば、本人確認をできていなかった加盟店の過失ということで返金されることが多いですが、(60日以内に報告の場合)

キャッシング枠だと、暗証番号などの管理を怠ったということでカード持ち主の責任にされてしまい、返金されないことが多いようなんです。

 なので、安全を取るのであれば、クレジットカードのキャッシング枠はオフにしておくのが安心かもしれません。

 また、キャッシュパスポートの場合は、銀行口座と紐づいていませんので盗難などにあってしまっても、預金残高ぜんぶが狙われるという事態は防げます。

 チャージしてある額までしか使えませんので、百万円前後などの大金をチャージするのは、安全上は避けた方が良いかもしれませんね。

 

インターネットバンキングで簡単に追加チャージ可能

 海外にいる時でも、楽天などのネット銀行から、簡単に自分でキャッシュパスポートにチャージできてしまいます。

 ふつうの海外送金を使うと、受取・送信銀行間で、通常数千円の手数料がそれぞれかかり、さらに為替手数料もレートに上乗せして取られることになります。

 キャッシュパスポートを使えば入金手数料の1%がかかるだけなので、お得になることが多いです。

 

スマホアプリで簡単に残高チェック

 カードの不正使用を防ぐには、使用履歴を頻繁にチェックするのも大切になってきます。キャッシュパスポートだと、スマホアプリで簡単に取引明細がチェックできますので、この点は便利。

 

Tポイントが貯まる!

 塵も積もれば山となる(笑)。帰国した時に数千円くらいだけでもポイントで還元されたら、お得気分満載ですよね。ポイントが貯められて、それが実質キャッシュバックにもなるカードは、他になかなかないです。
 
 

サポート体制がしっかりしている

 キャッシュパスポートには、スマホで使えるアプリがあって、簡単に取引履歴を確認できちゃいます。
 それから24時間の電話サポートや、いざという時の緊急電話通訳サービスも備わっていますので心強いです。大手なだけに、体制がしっかりしているのも魅力的な点の一つです。
 
・・・こんなわけで、「マルチカレンシー・キャッシュパスポート」は、海外滞在の時、一枚持っているとけっこう重宝します。
 

 

>>キャッシュパスポートの詳細はこちら<<