キャッシュパスポートとエポスカードは、南アフリカ共和国で使える?ランドの現金を引き出せるATMはある?

Table Mountain - South Africa

 実は 雪も(ごく稀に)降る南アフリカ。アフリカといっても赤道から離れているため、夏の平均気温は日本の方が高いくらいです。

 すぱっと平らに切った、本当にテーブルのようなテーブルロック山が、ケープタウンのシンボルになっています。もちろんハイキングも可能。そして郊外には、昔ファッション業界でダチョウの羽根の需要が高まったことから、もう羽根は服に使わなくなった今でも、ダチョウ牧場があって、なんと試乗もできちゃいます!

 ちょっとナウシカみたいですね。

 さらにブドウ栽培もさかんで、美味な南アフリカワインも堪能できちゃいます。

もちろん、本場のライオンやガゼルが見れる公園もあります。

 また、アパルトヘイトが終わってもなお、残るスラム街を見学するツアーもあります。これには賛否両論ありそうですが、社会問題を考えるうえで実際に目で見てみることで気付かされることも色々とありあそうです。

 さて、こんな南アフリカ共和国でキャッシュパスポートは使えるんでしょうか?

調べてみました。

 

また、クレジットカードと現金だけで、海外旅行に行くという手もあります。

その場合、おすすめなのが、旅人のカードとして有名なエポスカード。

無料で高額の旅行保険が付いてきます!

 

旅行基礎情報なども一緒にお届けします。

  南アフリカ共和国に、キャッシュパスポートを使えるATMはある?

  キャッシュパスポートで南アフリカランドの現金が引き出せるATMが、どれくらいあるのかを確認してみました。

f:id:honeybushtea:20170913143505j:plain

 ショッピングセンターや美術館、博物館の多いケープタウン駅周辺で検索してみました。ATMはだいぶ普及しているので、現金を引き出す場所を見つけるのに不自由はしなそうです。

使える金融機関としては主に

  • CAPITEC BANK
  • NEDBANK
  • ファーストナショナル銀行
  • SPARK ATMシステムズ
  • スタンダード銀行

 などがありました。

  南アフリカの治安は特に大都市では悪いです。ATM引き出し時も人通りの多い場所を選び、不審人物がいないか注意しましょう。

 マスターカードのATMロケーターのアプリをスマホにダウンロードすれば、上画面のように、簡単に最寄りのATMを検索できますので便利です。

 

キャッシュパスポートがおすすめできる理由 

クレジットカードで現金引き出しはキャッシングになってしまう。

 現地のATMから現金を引き出そうと思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を使うという手もあるのですが、ちょっと心配なところがあります。

 クレジットだと、キャッシング=融資=借金扱いになってしまうので、どうしても次の返済日までに利息が発生してしまうんです。早く返せれば、少額ですみますが。

 また、万が一不正使用された場合、キャッシング枠だと返金保証されにくい場合もあり、気になる点ではあります。

 

クレジットカードのキャッシング枠はOFFにしておくのが無難かもしれません。

 

Tポイントが貯まる

 TSUTAYAやガスト、FamilyMart、書店など広い生活の範囲で使えるTポイント。

実は、キャッシュパスポートを使えば、海外でも貯められちゃうのです。しかも、国内と同レベルな、200円ごとに1ポイント。

 日本に帰国してから、ちょっとしたキャッシュバック気分が味わえるのも、何気なく良いところです。

 

南アフリカ共和国でのお買い物の仕方

1ランド=約8.47円(2017年9月現在)

 

SA Bank Notes 2

  紙幣は、200、100、50、20、10ランド(R)

  硬貨は、5、2、1ランド、50、20、10、5、2、1センツ(C)

 

 1南アフリカランドは、100センツに当たります。

 クレジットカードは、masterカードかビザが普及していますが、JCBはあまり普及していません。

 

南アフリカ共和国での現金両替はどこでするとよい?

現地で日本円からランドに変えようとすると、長時間待たされることもあるため、日本で変えていくのがよいです。あるいは、米ドルを用意していけば現地での両替もスムーズです。

  両替は空港や駅、銀行、街中の両替商、ホテル、レストランなどでできます。

 銀行の営業時間は平日が朝9時から午後15時半まで、土曜日が朝8時半から午前11時までのところが多いです。

 キャッシュパスポートを使った場合は、両替してくれる場所を探して、列に並んだりする手間が省けるのがよいところ。

 ATMを使う時はスキミングやスリに注意し、周囲に不審な人物がいないかを確認しましょう。

 また、キャッシュパスポートは、入金時点でのレートがそのまま適応されますので変動を気にしなくても大丈夫。レート変動は、結構予算の増減に関わってきますので、事前に有利なタイミングでチャージしておけると一番いいですね。

 

 

クレジットカードだけを持って海外に行くのもアリ?

 

 海外でも使えるクレジットカードを持っていれば、キャッシング機能を使えば、海外現地のATMから、現金を引き出すこともできますが、利息が付いてしまうなど、デメリットもあります。

 

 なので、個人的にはクレジットカードは現金引き出しではなく、カードショッピングに使うのがおススメですよ

 

 

手持ち現金と、カードショッピングで間に合いそうな場合は、クレジットカードだけを持っていけばいいですね

 

キャッシュパスポートは原則、日本では使えませんが、クレジットカードだと、日本でも普通に使えるため、残額処理の心配がないのは気軽です。

 

私は、日本でメインで使っているものと、海外旅行の時に主に使うサブのクレジットカードを持っています。

 

普段メインで使っているカードを、旅行中に紛失してしまったり、不正使用されてしまったら悲しいので・・・。

 

 では、海外に持っていくクレジットカードはどれがおすすめかと言いますと・・・ 

 

海外旅行ならエポスカードがおすすめの理由

 

 海外に持って行く用のクレジットカードを作るとしたら、エポスカードは相当おススメです!

 旅人に利便性の高いカードとして有名ですね。

 

VISAブランドなので、南アフリカ共和国でも加盟店は多いです。

 

嬉しいポイントとしては

  1. 年会費永年無料!
  2. 海外旅行保険が自動で付いてくる!
  3. 入会特典でポイントが貰える!

 というのが、大きいです。

 

まず、年会費永年無料なので、サブカードとして持っていても無料です。

 

さらに、旅人にとって素晴らしいことに、海外旅行保険が大変手厚いです。

2018年現在の、概要はこちら。

※ 最新の額はエポスNetでご確認くださいませ。

 

  • 傷害死亡・後遺障害      最高500万円
  • 傷害治療費用                 200万円(1事故の限度額
  • 疾病治療費用                 270万円(1疾病の限度額
  • 賠償責任(免責なし)   2000万円(1事故の限度額
  • 救援者費用                     100万円(1旅行・保険期間中の限度額
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。

※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

出典:エポスカードホームページ

 

 

 ゴールドカードでもないのに、ここまで高額の旅行保険が無料で付いてくるカードというのは少ないです。

 

 それから入会特典のポイントが貰えるのも嬉しい。

2018年秋現在だと、2000円分の入会ポイントが必ず貰えてしまいます!(*^▽^*)

これは凄い・・・。

現在のキャンペーン詳細は公式サイトからご確認ください。

 

 

 そして、エポスカードって、何気に、お友達紹介ポイントという制度もあったりします。

 自分がエポスカードに入会してから、友達を紹介すると、紹介者に1500ポイント、紹介され側に3000ポイント(入会ポイント含む)が付与されます!!

・・・てなわけで、一緒に旅行に行く友達がいたら、ぜひ紹介してあげてくださーい。

どっちにもお得になります。

(2018年秋現在のキャンペーン)

 

 このポイントは、クオカードなどの商品券と交換することもできます。

私もさっそく2000円分をクオカードに換えて、日々のコンビニやファミレスでの買い物・食事の足しにしています・・・(^^♪

 

南アフリカ共和国での日本への電話のかけ方

 国際電話番号00+81(日本の国番号)+先頭のゼロを取った日本の市外局番と相手先番号です。

 公衆電話は、カード式とコイン式があります。テレフォンカードでは、スクラッチして出てきた番号を入力後に、普通に相手先の番号を続けるものも。この場合は、公衆電話のみならず、どの電話からもかけられますので、落ち着いて話せるかもしれません。

 

南アフリカ共和国の治安、旅の注意事項

  • ヨハネスブルク、プレトリア、ケープタウン、ダーバン、プレトリアなどの大都市では強盗が多発している。暗くなってからは絶対に出歩かず、治安が特に悪い地域には近づかないようにしましょう。犯罪件数の多さを考えると、大勢で回るツアー旅行に参加するのが無難といえます。大都市では、歩けば強盗に当たるくらいに思った方が良さそうです。
  • 大都市では、ATMを使う際に目を付けられることも多いため、現金はすぐにしまい、引き出す時にも周囲に不審人物がいないか気を付けましょう。またスキミング防止のため、暗証番号は手で隠して打つようにしましょう。
  • たとえレンタカーなど車を運転している時でも、カージャックに遭遇することがあります。窓は閉め、ドアはロックし、交通量の多い道を走行しましょう。また乗降のさいは不審者に注意しましょう。
  • ヨハネスブルクとプレトリアの間の列車は、犯罪が特に多いです。1等車でも被害にあうことも。
  • 動物の毛皮製品などの中には、ワシントン条約に反するものもあるので(象牙など)違反する動物については事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク